一人抄読会 ネタ編

医学

非常に興味深い内容のエビデンスを集めるための一人抄読会です

てっぺんハゲは心疾患リスクが高い
・頂点型脱毛症が併存する高血圧、脂質異常症は冠動脈心疾患リスクと特に強い関連性があった
・頭頂部脱毛症は相対リスク比1.3前後の有意な冠動脈心疾患リスク

Lotufo PA, Chae CU, Ajani UA, Hennekens CH, Manson JE. Male pattern baldness and coronary heart disease: the Physicians’ Health Study. Arch Intern Med 2000; 160: 165–71.

目的: 男性型脱毛症と冠状動脈性心疾患 (CHD) イベントのリスクとの関連を調べること。

設計、設定、および参加者: Physicians’ Health Study に登録された 40 歳から 84 歳までの米国男性医師 22,071 人を対象としたレトロスペクティブ コホート研究。これらのうち、19,112人はベースラインでCHDがなく、45歳での脱毛のパターンに関する11年間のフォローアップでアンケートに回答しました. 回答の選択肢には、脱毛なし、前頭脱毛のみ、または軽度、中等度、または重度の頭頂脱毛を伴う前頭脱毛が含まれます。

主なアウトカム指標: 非致死性心筋梗塞(MI)、狭心症、および/または冠動脈血行再建術として定義される冠動脈疾患イベント。

結果: 11 年間の追跡期間中に、このコホートで 1,446 件の CHD イベントを記録しました。脱毛のない男性と比較して、前頭部脱毛症の男性は CHD の年齢調整相対リスク (RR) が 1.09 (95% 信頼区間 [CI]、0.94-1.25) であったのに対し、頭頂部が軽度、中等度、または重度の男性は脱毛症の RR は、それぞれ 1.23 (95% CI、1.05-1.43)、1.32 (95% CI、1.10-1.59)、1.36 (95% CI、1.11-1.67) でした (傾向の P、<.001)。年齢、MI の親の病歴、身長、ボディマス指数 (連続変数として体重 (kg) を身長 (m) の 2 乗で割る)、喫煙、高血圧、糖尿病、高コレステロール値、身体活動、およびアルコール摂取は、これらの関連性を実質的に変化させませんでした。非致死性心筋梗塞、狭心症、および冠動脈血行再建術は別々に検査され、イベントがベースラインで55歳以上の男性と55歳未満の男性で分析された場合。頭頂部脱毛症は、高血圧(多変量RR、1.79; 95% CI、1.31-2.44)またはコレステロール値が高い(多変量RR、2.78; 95% CI、1.09-7.12)男性のCHDリスクとより強く関連していた。

結論: 頂点型脱毛症は、特に高血圧または高コレステロール値の男性において、CHD イベントのリスク増加のマーカーであるように思われます。

Objective: To examine the association between male pattern baldness and the risk of coronary heart disease (CHD) events.

Design, setting, and participants: Retrospective cohort study among 22,071 US male physicians aged 40 to 84 years enrolled in the Physicians’ Health Study. Of these, 19,112 were free of CHD at baseline and completed a questionnaire at the 11-year follow-up concerning their pattern of hair loss at age 45 years. Response options included no hair loss, frontal baldness only, or frontal baldness with mild, moderate, or severe vertex baldness.

Main outcome measures: Coronary heart disease events defined as nonfatal myocardial infarction (MI), angina pectoris, and/or coronary revascularization.

Results: During 11 years of follow-up, we documented 1446 CHD events in this cohort. Compared with men with no hair loss, those with frontal baldness had an age-adjusted relative risk (RR) of CHD of 1.09 (95% confidence interval [CI], 0.94-1.25), while those with mild, moderate, or severe vertex baldness had RRs of 1.23 (95% CI, 1.05-1.43), 1.32 (95% CI, 1.10-1.59), and 1.36 (95% CI, 1.11-1.67), respectively (P for trend, <.001). Multivariate adjustment for age, parental history of MI, height, body mass index (weight in kilograms divided by the square of the height in meters as a continuous variable), smoking, history of hypertension, diabetes, high cholesterol level, physical activity, and alcohol intake did not materially alter these associations. Results were similar when nonfatal MI, angina, and coronary revascularization were examined separately, and when events were analyzed among men older and younger than 55 years at baseline. Vertex baldness was more strongly associated with CHD risk among men with hypertension (multivariate RR, 1.79; 95% CI, 1.31-2.44) or high cholesterol levels (multivariate RR, 2.78; 95% CI, 1.09-7.12).

Conclusion: Vertex pattern baldness appears to be a marker for increased risk of CHD events, especially among men with hypertension or high cholesterol levels.

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/10647754/

陰キャは他人の気持ちを理解するスキルに長けている
一方、陽キャは人の感情が読めない

・慎重で内省的な思考、憂鬱、内向性は、社会心理現象を正確に予測する事と相関あり
・ただし、過去の報告において高度の鬱などは心理社会的スキルの低下に繋がる可能性が指摘されています

Gollwitzer A, Bargh JA. Social Psychological Skill and Its Correlates. Soc Psychol 2018; 49: 88–102.

概要。6 つの研究 ( N  = 1,143) で、社会的心理的スキルを調査しました。– 社会心理現象を予測する個人のスキル (例: 社会的手抜き、帰属効果)。研究 1 と 2 は、社会的心理的スキルの信頼できる個人差を示しました。研究 2、3、および 4 では、認知および動機付けバイアスの減少に関連する属性 (認知能力、認知的好奇心、憂鬱および内向性) が社会的心理的スキルを予測しました。研究 4 と 5 では、社会的心理的スキルは他のスキル (受験スキル、直感的な物理学など) とは異なり、動機付けバイアス (自己欺瞞など) の減少に直接関係していることが確認されました。研究 6 では、別の個人の行動の状況的原因を理解することに関連する社会的心理的スキル – 根本的な帰属エラーが減少しました。

Abstract. In six studies (N = 1,143), we investigated social psychological skill – lay individuals’ skill at predicting social psychological phenomena (e.g., social loafing, attribution effects). Studies 1 and 2 demonstrated reliable individual differences in social psychological skill. In Studies 2, 3, and 4, attributes associated with decreased cognitive and motivational bias – cognitive ability, cognitive curiosity, and melancholy and introversion – predicted social psychological skill. Studies 4 and 5 confirmed that social psychological skill is distinct from other skills (e.g., test-taking skills, intuitive physics), and relates directly to reduced motivational bias (i.e., self-deception). In Study 6, social psychological skill related to appreciating the situational causes of another individual’s behavior – reduced fundamental attribution error. Theoretical and applied implications are considered.

Gollwitzer A, Bargh JA. Social Psychological Skill and Its Correlates. Soc Psychol 2018; 49: 88–102.

タワマンは生存率を下げる

・院外心停止の場合、低層階で有意に生存率が高かった
・この研究で25階以上の生存者はいなかった

Drennan IR, Strum RP, Byers A, et al. Out-of-hospital cardiac arrest in high-rise buildings: delays to patient care and effect on survival. CMAJ 2016; 188: 413–9.

背景: 高層ビルに住む人々の増加は、ケアに特有の課題を提示し、911 によって開始された最初の応答者 (救急隊員や消防署の職員を含む) が院外心停止の呼びかけに対応するのに遅れが生じる可能性があります。居住用建物における心停止後の患者接触床と生存率との関係を調べた。

方法: 2007 年 1 月から 2012 年 12 月までの期間のトロント地域 RescuNet Epistry データベースのデータを使用して遡及的観察研究を実施しました。個人宅で治療。119 番通報による初期対応者が目撃した心停止と、明らかな原因のある心停止は除外しました。多変量ロジスティック回帰を使用して、標準のウツシュタイン変数を調整して、患者接触床の生存への影響を判断しました。

結果: 調査期間中、7842 件の院外心停止が選択基準を満たし、そのうち 5998 件(76.5%)が 3 階以下で発生し、1844 件(23.5%)が 3 階以上で発生しました。低層階の方が生存率が高かった (4.2% 対 2.6%、p = 0.002)。退院までの調整生存率の低下は、患者との接触のフロアが高いこと、年齢が高いこと、性別が男性であること、および 911 対応時間が長いことと独立して関連していました。フロアごとの分析では、生存率は 16 階より上で 0.9% (つまり、無益のしきい値である 1% 未満) であり、25 階より上では生存者はいませんでした。

解釈: 高層ビルでは、院外心停止後の生存率は高層階に住む患者の方が低かった。高層ビルでの心停止の治療への応答時間を短縮することを目的とした介入は、生存率を高める可能性があります。

Background: The increasing number of people living in high-rise buildings presents unique challenges to care and may cause delays for 911-initiated first responders (including paramedics and fire department personnel) responding to calls for out-of-hospital cardiac arrest. We examined the relation between floor of patient contact and survival after cardiac arrest in residential buildings.

Methods: We conducted a retrospective observational study using data from the Toronto Regional RescuNet Epistry database for the period January 2007 to December 2012. We included all adult patients (≥ 18 yr) with out-of-hospital cardiac arrest of no obvious cause who were treated in private residences. We excluded cardiac arrests witnessed by 911-initiated first responders and those with an obvious cause. We used multivariable logistic regression to determine the effect on survival of the floor of patient contact, with adjustment for standard Utstein variables.

Results: During the study period, 7842 cases of out-of-hospital cardiac arrest met the inclusion criteria, of which 5998 (76.5%) occurred below the third floor and 1844 (23.5%) occurred on the third floor or higher. Survival was greater on the lower floors (4.2% v. 2.6%, p = 0.002). Lower adjusted survival to hospital discharge was independently associated with higher floor of patient contact, older age, male sex and longer 911 response time. In an analysis by floor, survival was 0.9% above floor 16 (i.e., below the 1% threshold for futility), and there were no survivors above the 25th floor.

Interpretation: In high-rise buildings, the survival rate after out-of-hospital cardiac arrest was lower for patients residing on higher floors. Interventions aimed at shortening response times to treatment of cardiac arrest in high-rise buildings may increase survival.

喫煙者はアドヒアランスが悪い

・喫煙者でがん検診受診率が低い
・高血圧治療薬内服の順守率が低い
。うつ病治療薬内服順守率が低い
・とりあえず全部アドヒアランスが悪い

Sherman BW, Lynch WD. The association of smoking with medical treatment adherence in the workforce of a large employer. Patient Prefer Adherence 2014; 8: 477–86.

目的: これまでの記述疫学研究では、喫煙者は予防医療サービスの遵守率が低く、別の研究で予防医療サービスの慢性服薬遵守率が低いことが示されています。この研究の目的は、米国の大規模雇用主の福利厚生対象集団内の現在の喫煙者と非喫煙者について、これらの結果の両方を検証するために、より詳細な分析を実行することでした。

患者と方法: この研究には、2010 年に米国に拠点を置く単一の雇用主の従業員および配偶者の健康保険加入者を対象に発生した医療費および薬局の請求額の分析が含まれていました。多変量回帰モデルを使用して、予防ケアのために活動的または非喫煙者のステータスごとにデータを比較しました。慢性疾患に対するサービスと服薬遵守。人口統計学的変数、慢性疾患の有病率、およびうつ病を制御した分析。

結果: 人口統計上の変数と併存疾患を調整すると、喫煙者のがん検診受診率は大幅に低く、絶対率は 6% ~ 13% でした。高血圧のための慢性薬物使用の遵守率も喫煙者では著しく低く、薬物所持率が 80% 以上である喫煙者は 7% 近く減少しました。喫煙者は非喫煙者に比べてうつ病治療薬の遵守度が低かった(相対リスク = 0.79) (P=0.10)。統計的に有意ではありませんが、喫煙者は非喫煙者に比べて他のすべての薬物の遵守が一貫して低かったです。

結論: 現在の喫煙者は非喫煙者に比べて、推奨される予防ケアや薬物使用の順守が低く、これが喫煙に関連する雇用主のコストの一因となっている可能性があります。喫煙者間のこうしたケアのギャップを認識し、直接管理することは、包括的な国民健康管理戦略の一環として考慮されるべきです。

Purpose: Prior descriptive epidemiology studies have shown that smokers have lower compliance rates with preventive care services and lower chronic medication adherence rates for preventive care services in separate studies. The goal of this study was to perform a more detailed analysis to validate both of these findings for current smokers versus nonsmokers within the benefit-covered population of a large US employer.

Patients and methods: This study involved the analysis of incurred medical and pharmacy claims for employee and spouse health plan enrollees of a single US-based employer during 2010. Multivariate regression models were used to compare data by active or never-smoker status for preventive care services and medication adherence for chronic conditions. Analysis controlled for demographic variables, chronic condition prevalence, and depression.

Results: Controlling for demographic variables and comorbid conditions, smokers had significantly lower cancer screening rates, with absolute reductions of 6%-13%. Adherence to chronic medication use for hypertension was also significantly lower among smokers, with nearly 7% fewer smokers having a medication possession ratio of ≥80%. Smokers were less adherent to depression medications (relative risk =0.79) than nonsmokers (P=0.10). While not statistically significant, smokers were consistently less adherent to all other medications than nonsmokers.

Conclusion: Current smokers are less compliant with recommended preventive care and medication use than nonsmokers, likely contributing to smoking-related employer costs. Awareness of these care gaps among smokers and direct management should be considered as part of a comprehensive population health-management strategy.

コメント

タイトルとURLをコピーしました