めまい関連 定義 バラニー学会日本語訳

あの重厚長大なバラニー学会の提唱するめまい症候を日本語訳にしました。(ほんやくこんにゃく)
この解説を読めばめまいが分かる!論文にも役立つ!

ICVD-I: 症状の分類 v1.0 (2009年1月)

1. Vertigo(めまい)

  • Spontaneous vertigo(自発性めまい)
  • Triggered vertigo(誘発性めまい)
    • Positional vertigo(体位性めまい)
    • Head-motion vertigo(頭部動作性めまい)
    • Visually-induced vertigo(視覚誘発性めまい)
    • Sound-induced vertigo(音誘発性めまい)
    • Valsalva-induced vertigo(バルサルバ誘発性めまい)
    • Orthostatic vertigo(直立性めまい)
    • Other triggered vertigo(その他の誘発性めまい)

2. Dizziness(めまい感)

  • Spontaneous dizziness(自発性めまい感)
  • Triggered dizziness(誘発性めまい感)
    • Positional dizziness(体位性めまい感)
    • Head-motion dizziness(頭部動作性めまい感)
    • Visually-induced dizziness(視覚誘発性めまい感)
    • Sound-induced dizziness(音誘発性めまい感)
    • Valsalva-induced dizziness(バルサルバ誘発性めまい感)
    • Orthostatic dizziness(直立性めまい感)
    • Other triggered dizziness(その他の誘発性めまい感)

3. Vestibulo-visual symptoms(前庭視覚症状)

  • External vertigo(外部めまい)
  • Oscillopsia(振動視)
  • Visual lag(視覚的遅延)
  • Visual tilt(視覚的傾斜)
  • Movement-induced blur(動作誘発性ぼやけ)

4. Postural symptoms(姿勢症状)

  • Unsteadiness(不安定感)
  • Directional pulsion(方向性衝動)
  • Balance-related near fall(バランスに関連した危険な転倒)
  • Balance-related fall(バランスに関連した転倒)

1. Vertigoの定義:

Vertigoとは、自身が動いていない時に自己運動感がある状態、または通常の頭部動作時に歪んだ自己運動感がある状態を指します。この「内部」の前庭感覚は、「外部」の視覚的な動き(本分類では外部vertigoまたはoscillopsiaとして参照)とは異なります。簡単さのため、修飾されていない「vertigo」はデフォルトで「内部vertigo」を意味します。この用語は、誤った回転感(回転性vertigo)だけでなく、揺れ、傾き、上下動、跳躍、滑走など他の誤った感覚(非回転性vertigo)も含みます。

注釈:実際の動きに一致する運動感覚(つまり、実際の動きと一致する)はvertigoではありません。この分類では、誤った回転感覚と誤った直線運動感覚(通常「translation」と称される)や、重力に対する静止傾斜(通常「tilt」と称される)との区別はありません。すべては、患者が虚偽の運動の症状として経験するときにvertigoと考えられます。揺れの感覚が立っているか歩いているときだけ感じられるなら、これは不安定感と称され、vertigoではなく姿勢症状(下記の4を参照)としてラベル付けされるべきです。

もし内部vertigoの感覚が虚偽の外部視覚的な運動(外部vertigoまたはoscillopsia)に伴われているなら、これは追加の前庭視覚症状(例:「内部と外部の組み合わせた回転性vertigo」または「非回転性vertigoとoscillopsia」)としてラベル付けされるべきです。

虚偽の視覚的な運動感覚が単独で発生する(虚偽の内部自己運動感覚無し)場合は、それは外部vertigoまたはoscillopsiaとだけラベル付けすべきです。Vertigoは常にさらに回転性、非回転性、または両方(Symptom Coding Algorithmを参照)としてカテゴリ化されるべきです。

この命名法では使用されない用語:真性vertigo、偽性vertigo、主観的vertigo、客観的vertigo、回転性vertigo、直線/移行性vertigo。vertigoが発生するいくつかの文脈が区別されます。

1.1. Spontaneous vertigo(自発性めまい)の定義:

自発性vertigoとは、明確なトリガーなしに発生するvertigoを指します。

注釈:自発性vertigoは、動作(特に頭部の動き)によって悪化する場合があります。自発性vertigoがそのような動作によって悪化するとき、二つ目の症状(頭部動作性vertigo 1.2.

1.2.1. Positional vertigo(位置性めまい)

定義:Positional vertigoは、重力に対する頭部の位置の変化に伴って引き起こされ、その後も続くめまいです。

コメント:これは、頭部の動き中に発生するhead-motion vertigoとは異なります(1.2.2を参照)。頭が新しい位置に達し、その位置が維持されたときに症状が持続する(1分以上)のか、あるいは一時的に(1分未満)発生するのか注記すべきです。持続する場合、その持続時間を記録するべきです。また、Positional vertigoは、orthostatic vertigo(立位性めまい、1.2.6参照)と区別するべきです。

この用語法で使用されない言葉:positioning vertigo。

1.2.2. Head-motion vertigo(頭部運動性めまい)

定義:Head-motion vertigoは、頭部の動き中にのみ発生するめまいです(つまり、頭部の動きに時間的に連動したもの)。

コメント:このタイプのめまいは、頭部の動きによって引き起こされることもあります(基本状態ではめまいはない)、または自発的なめまいが頭部の動きによって悪化することもあります。Head-motion vertigoは、実際の自己運動中に自己運動感覚が歪んだ状態として概念化されます。この状態は、頭部の動きの後、新しい安静時の頭部の位置を採用する際に発生するPositional vertigoとは区別されます。また、主要症状が持続的な吐き気感であるmotion sicknessとも区別すべきです。

この用語法で使用されない言葉:space and motion discomfort, space and motion sensitivity。

1.2.3. Visually-induced vertigo(視覚誘発性めまい)

定義:Visually-induced vertigoは、複雑で歪んだ、大きな視野や動く視覚刺激、体の動きに関連した視野の相対的な動きを引き金とするめまいです。

コメント:この症状は、視覚的に誘発された円形または直線的な自己運動の錯覚(通常”vection”と呼ばれる)を含みます。もし、視覚刺激によって引き起こされる感覚が非めまい型の眩暈であれば、それは2.2.3(視覚誘発性めまい)の範疇に分類すべきです。主要な視覚入力が原初的な眼球運動障害(例えば、眼筋のミオキミアや非前庭性眼振)から来て、めまいを誘発する場合、症状はここに分類すべきです。また、Visually-induced vertigoは、主要症状が持続的な吐き気感であるmotion sicknessとも区別すべきです。

この用語法で使用されない言葉:space and motion discomfort, space and motion sensitivity, visual vertigo。

1.2.4. Sound-induced vertigo(音響誘発性めまい)

定義:Sound-induced vertigoは、音響刺激によって引き起こされるめまいです。

コメント:Sound-induced vertigoは、バルサルバ法によって引き起こされるめまい、鼓膜を通じた圧力変化(例えば、肺鼓膜鏡検査時)、または振動によるものを表すためには使用されません。これらは、Valsalva-induced vertigoまたは他の誘発性めまい(1.2.5と1.2.7参照)と分類すべきです。

この用語法で使用されない言葉:Tullio phenomenon

1.2.5. Valsalva-induced vertigo(バルサルバ誘発性めまい)

定義:Valsalva-induced vertigoは、頭蓋内や中耳の圧力を増加させるような体の動きによって引き起こされるめまいです。

コメント:典型的な行動的刺激とは、閉じた声門に対して胸部の圧力を上げることで頭蓋内からの静脈還流を減少させるもの(声門バルサルバ)で、これには咳、くしゃみ、骨盤の押し込み、重い物の持ち上げなどがあります。一方、鼻をつまんだバルサルバは、胸部の圧力に大きな変化を引き起こすことなく、直接空気を中耳腔に押し込むものです。症状が声門バルサルバ、鼻をつまんだバルサルバ、または両方によって引き起こされるかどうか注記するべきです。気圧鼓膜鏡検査/膨張とその他の「外因性」の圧力変化は、他の誘発性めまい(下記の1.2.7参照)として分類すべきです。

1.2.6. Orthostatic vertigo(立位性めまい)

定義:Orthostatic vertigoは、立ち上がること(つまり、横になってから座る、または座ってから立つという体の姿勢の変化)によって引き起こされ、それに続くめまいです。

コメント:立ち上がったときに発生するOrthostatic vertigoは、重力に対する頭部の位置の変化によって引き起こされるpositional vertigoと、頭部の動きが起こる間に発生する症状であるhead-motion vertigoとは区別されるべきです(上記の1.2.1と1.2.2参照)。さらなるコメントは、立位性めまい(2.2.6下記)を参照してください。

この用語法で使用されない言葉:postural vertigo

1.2.7. Other triggered vertigo(他の誘発性めまい)

定義:Other triggered vertigoは、上記に挙げたもの以外の刺激によって引き起こされるめまいです。

コメント:その他の引き金とは、脱水、薬物、環境圧力の変化(深海ダイビング時、高所、高圧酸素療法、肺鼓膜鏡検査中の気圧膨張など)、運動/労働(上肢運動を含む)、長時間の受動的な運動への暴露後(海上旅行後など)、ホルモン、過呼吸、恐怖症状、首のタイトな襟、振動、特定の患者に特有の変わった、一風変わった引き金などがあります。

2. Dizziness(めまい)

定義: (非vertigo性)めまいは、空間認識が乱れたり、障害を受けたという感覚であり、間違ったまたは歪んだ動きの感覚は存在しない。

注釈: ここで定義されるDizzinessは、vertigoの感覚を含みません。この言葉はしばしば広い意味で使われ、偽の動きの感覚を包含することがありますが、ここではvertigoとDizzinessは明確に区別されます。患者の症状の説明では、複数の症状が共存したり、連続して現れることがあります。例えば、vertigoとDizzinessです。この分類では、一つの症状が他の症状を排除するわけではありません(具体的には、vertigoが存在しても、その他の症状も存在する場合には、患者は[非vertigo性]めまいを持っているとラベル付けされます)。

この用語は、空間認識の感覚が伴わない場合、あるいは、患者の訴えが全身または局所の運動の弱さ、または不明確な不快感、疲労感、不健康感(「弱くてめまいがする患者」とも言われる)の場合には適用されません。

この命名法では使われていない用語: 光頭痛(lightheadedness)、非特定のめまい(non-specific dizziness)

めまいが発生するいくつかの状況を区別します:

2.1. Spontaneous dizziness(自発的なめまい)

定義: Spontaneous dizzinessは明確なトリガーなしに発生するめまいです。

注釈: 自発的なめまいは動作(特に頭の動き)によって悪化することがあります。自発的なめまいがこのような動きによって悪化するとき、第二の症状(頭の動きによるめまい 2.2.2)が追加されるべきです。

2.2. Triggered Dizziness(触発型めまい)

定義: 明確なトリガー(刺激)とともに発生するめまいをTriggered Dizzinessと呼びます。

コメント: 「明確な」トリガーの存在は、トリガー刺激とめまいとの間に時間的に適切な関連性があることを必要とします。

2.2.1. Positional Dizziness(体位性めまい)

定義: Positional Dizzinessは、頭部の位置が重力に対して変化した後に引き起こされ、発生するめまいです。

コメント: これは、頭部の動きの最中に発生するHead-motion Dizzinessと区別されます。頭部が新しい位置に達し、その位置を維持したときに症状が持続する(1分以上)か、あるいは一時的(1分未満)であるかどうか記録しておくべきです。体位性めまいは、Orthostatic Dizzinessとも区別するべきです。

2.2.2. Head-motion Dizziness(頭部運動性めまい)

定義: Head-motion Dizzinessは、頭部の運動の最中だけに発生するめまいです。

コメント: このタイプのめまいは、頭部の動きによって引き起こされることもありますし、頭部の動きによって既存のめまいが悪化することもあります。Head-motion Dizzinessは、自己運動中の空間方向感覚の歪みとして概念化されます。

2.2.3. Visually-induced Dizziness(視覚誘発性めまい)

定義: Visually-induced Dizzinessは、複雑で歪んだ大きな視野や動く視覚刺激、体の動きに伴う視覚的環境の相対的な動きによって引き起こされるめまいです。

コメント: これは、視覚入力が明確な円形または直線的なvection(視覚的な自己運動感覚)を引き起こす場合、Visually-induced Vertigo(視覚誘発性眩暈)として分類すべきです。

2.2.4. Sound-induced Dizziness(音誘発性めまい)

定義: Sound-induced Dizzinessは、聴覚刺激によって引き起こされるめまいです。

コメント: この用語は、Valsalva maneuver(呼気筋収縮)によって引き起こされるめまいや、鼓膜を横切る圧力変化(例えば、気圧調整式耳鏡検査時)や振動によるめまいを説明するためには使用しないでください。

2.2.5. Valsalva-induced Dizziness(Valsalva誘発性めまい)

定義: Valsalva-induced Dizzinessは、頭蓋内または中耳の圧力を増加させる傾向のある身体の動きによって引き起こされるめまいです。

コメント: 典型的な行動刺激としては、咳、くしゃみ、鼻をつまんで強く息を吹き出す(nose-pinched Valsalva)などがあります。

2.2.6. Orthostatic Dizziness(起立性めまい)

定義: Orthostatic Dizzinessは、立ち上がる(つまり、横になってから座る、または座ってから立つ)と発生するめまいです。

コメント: 起立性めまいは、起立時に発生するめまいであり、体位性めまいや頭部運動誘発性めまいとは区別されます。

2.2.7. Other Triggered Dizziness(その他の触発型めまい)

定義: Other Triggered Dizzinessは、上記に挙げたもの以外の何らかの刺激によって引き起こされるめまいです。

コメント: 他のトリガーとしては、脱水、薬物、環境圧の変化、運動/労働、長時間の受動的な運動(例えば海上航行後)、ホルモン、過呼吸、恐怖症状、首のタイトな襟、振動などがあります。

3. Vestibulo-visual symptoms(前庭視覚症状)

定義: Vestibulo-visual symptomsは、通常、前庭病理学または視覚と前庭系の相互作用から生じる視覚症状です。これには、視覚の周囲の偽の運動や傾きの感覚、視覚の歪み(ぼやけ)が含まれますが、これらは光学的な失敗ではなく、前庭の失敗に関連しています。

コメント: 視覚の周囲自体が静止している状態で、視覚の周囲内の物体の運動を含む視覚幻想や幻覚は、Vestibulo-visual symptomsとは考えられません。例えば、移動する視覚的な「フローター」や、偏頭痛の視覚オーラの移動する閃光などがこれに当たります。

3.1. External Vertigo(外部性眩暈)

定義: External Vertigoは、視覚の周囲が回転したり、流れているという偽の感覚です。

コメント: External Vertigoの症状は、任意の空間平面(例えば、水平方向)での連続的または不規則な視覚的な流れの偽の感覚を包含します。それは、双方向(振動)の運動がないことによって、Oscillopsia(後述の3.2を参照)と区別されます。External Vertigo(視覚的な運動)は、しばしばInternal Vertigo(体の運動)の感覚に伴います。しかし、Jerk Nystagmusだけでも、自己運動の偽の感覚([internal] vertigo)がなくても連続した視覚的な流れの感覚を引き起こすことがあります。この分類では、視覚的な症状と身体的な症状は区別され、同じ患者の中で同時に存在するかもしれませんし、存在しないかもしれません。したがって、視覚的な流れの偽の感覚(例えば、世界が回転する)は、vertigo(例えば、「内部と外部の結合した回転性眩暈」)とは別に記録するべきです。

3.2. Oscillopsia(振動視)

定義: Oscillopsiaは、視覚の周囲が振動しているという偽の感覚です。

コメント: Oscillopsiaという用語は、ラテン語とギリシャ語のハイブリッドで、「振動」と「視覚」を意味します。この前後の動きは、任意の方向で起こり、しばしば「跳ねる」「揺れる」「けいれんする」といった視覚的な世界の経験として報告されます。External Vertigoと同様に、Oscillopsiaの視覚症状は、関連する身体的な運動感覚(すなわち、vertigoまたはdizziness)とは別に区別され、記録されます。症状が頭部運動依存性であるか、頭部が完全に静止していても発生するか(例えば、Pendular Nystagmusのような眼球運動障害の場合)明記するべきです。

3.3. Visual lag(視覚遅延)

定義: Visual lagは、視覚の周囲が頭部の動きに遅れて追従したり、頭部の動きが完了した後に短い時間だけ移動したりするという偽の感覚です。

コメント: この視覚遅延の感覚は一時的で、通常は1〜2秒以内に終わります。これは、Head-motion VertigoまたはDizzinessと関連して起こることがあります。この短い視覚の周囲の動きは、連続的な運動や流れの感覚がないため、External Vertigoとして分類すべきではありません。

3.4. Visual tilt(視覚的な傾き)

定義: Visual tiltは、視覚の周囲が真の垂直からずれているという偽の知覚です。

コメント: 頭部が直立した状態での症状的な静的な視覚的な傾きは、通常は短期間(数秒から数分)で発生し、中心的なまたは周辺的な前庭障害の患者の中で制御された視覚条件下で見られる無症状の、静的な主観的な視覚垂直(SVV tilt)の知覚の変更とは異なります。所謂の「Room Tilt Illusion」(または「Room Inverted Illusion」)は、通常、Visual Tiltの特別な形態を指すために使われますが、この角度は90度または180度です。ただし、この命名法では、Visual Tilt(おおよその角度を指定)が好まれます。Visual Tiltの感覚が動いている(つまり、角度が変化している)のであれば、固定されている(つまり、角度が固定されている)のであれば、それはExternal Vertigo(視覚的な感覚)または(Internal)Vertigo(体の感覚)と呼ばれるべきで、Visual Tiltではありません。

3.5. Movement-induced blur(運動誘発性のぼやけ)

定義: Movement-induced blurは、頭部の動きの間やその直後に視力が低下するという現象です。

コメント: 前庭系は、頭部の動きの間に網膜像を安定化するために寄与します。この機能の障害は、網膜の滑りと、結果として頭部の動きの間または直後の視力の低下を引き起こす可能性があります。この視覚的なぼやけの感覚は、連続的な頭部の動き(例えば、歩行中)の間に連続するか、一時的である可能性があります(例えば、Head-motion VertigoまたはDizzinessと関連して(上記の1.2.2および2.2.2を参照))。一部の人々は、これらの状況でOscillopsiaまたはVisual Lagを経験します(上記の3.2および3.3を参照)。

4. Postural symptoms(姿勢に関連する症状)

姿勢に関連する症状とは、直立した状態(座っている、立っている、歩いている)でのみ発生するバランスの症状です。ここで言う「postural」は、重力に対する身体の姿勢の変化(例えば立ち上がる動作)に関連した症状というよりは、直立している(例えば立っている)状態でのバランスの症状を指します。これら後者の症状は、「orthostatic」と呼ばれます。

4.1. Unsteadiness(不安定感)

「Unsteadiness」とは、座っている、立っている、歩いているときに特定の方向性を持たずに不安定感を感じる状態を指します。立っている位置に関わらず、安定性が増すと、存在する不安定感は明らかに減少または消失すべきです。それがない場合、その症状がvertigo(めまい)またはdizziness(立ちくらみ)ではないかという考察が必要です。「Unsteadiness」は、前庭系以外の多くの病状でも起こり得る症状です。

4.2. Directional pulsion(方向性衝動)

「Directional pulsion」は、座っている、立っている、歩いているときに、特定の方向にふらつくまたは倒れる傾向を感じることです。その方向は明記すべきです。立っている位置に関わらず、安定性が増すと、存在する方向性衝動は明らかに減少または消失すべきです。それがない場合、その症状がvertigo(めまい)またはdizziness(立ちくらみ)ではないかという考察が必要です。

4.3. Balance-related near fall(バランスに関連した危険な転倒)

「Balance-related near fall」は、強い不安定感、方向性衝動、または他の前庭症状(例:vertigo)に関連した、実際には転倒しないが転倒しそうな感覚を指します。「catchされた」転倒は、危険な転倒として分類すべきです。

4.4. Balance-related fall(バランスに関連した転倒)

「Balance-related fall」は、強い不安定感、方向性衝動、または他の前庭症状(例:vertigo)に関連した、実際に起こった転倒を指します。「catchされた」転倒は、危険な転倒として分類すべきです。環境の障害物による転倒や、弱さ、または意識喪失に明らかに起因する転倒は、バランスに関連したものとしては分類されません。

これらの症状を理解することで、バランスに関連する問題をより深く把握し、適切な対策を講じることができます。

タグ: